北京オリンピックを見据えて

北京オリンピックを見据えて
朝日は定期的に、スクールなどでバレーを教えている。彼は、自分がバレーを通じて伝えていくものがあると考えている。教えることでバレーに対する新たな思いが沸き起こり、またバレーを教えながら楽しむことで、心に余裕ができ人間性も豊かになる。必然的にプレーの幅も着実に広がっている。

2006年の朝日は世界ランクを上げ、TOP10に入ることを念頭に準備をしてきた。ようやく、世界で闘うスタートラインに立った朝日が、日本で世界で砂上の戦いに挑む。

大きなプレッシャーと、積み上げた準備による自信を胸に。

風を読み、ボールの軌道を見つめるプロビーチバレー選手・朝日の瞳は勝利にのみ焦点をあてている。
大きなプレッシャーをはねのけ、ひとつずつ階段を上り、世界の上位ランクに入ることを、そして決して自ら口に出すことはないが北京オリンピックを見据えて。

池袋で溶岩浴はいかがですか!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。