注目女子選手

高校バレーでボールでの注目選手を探してみました。

東京・八王子実践高校2年の注目選手は狩野舞子ですね。
春高デビューを果たした昨年大会に続き、今大会No.1の高さを誇る注目プレーヤー。周囲からの期待が高まる中、ケガを乗り越え、この春高に、熱い思いをぶつける。

茨城・大成女2年砂田遥は、試合をこなすごとに大きく成長してきた攻撃の柱。レシーブからの速いコンビバレーを身上とする大成バレーの中にあって、高さのあるスパイクでチームの得点源となっている。

東京・文京学院大女1年菅野菜緒美は高い打点から超インナーへ打ち込むスパイクは必見! 色摩とともに中2の全日本中学校選手権で優勝、中3のJOC杯東京代表準優勝の主力として活躍した、文京期待の長身エース。「(3位決定戦は)“絶対勝つ”という気持で戦いました。一戦一戦を全力で立ち向かい、エースとしてチームを勝利へ導きたいです。“絶対優勝!”」

京都・京都橘2年西山慶樹はスイングの速さを生かした鋭いコース打ちに加え、レシーブ力もあるバランスのよさが売りの今大会注目のアタッカー。姉・由樹(現・JTマーヴェラス)が果たせなかった春高優勝の夢を追う。

京都・京都橘2年渡辺美穂は、軽いタッチのハンドリングから繰り出す速いトスワークが魅力。さらに磨きをかけたスピードバレーで相手をかく乱するとともに、スパイクでも肩の強さを見せる。

大阪・大阪国際滝井2年吉田みなみは変則3セッターの一角ながら、前衛では得点源となる攻守の要。空中で静止するようなジャンプから繰り出す、切れのあるスパイクが武器。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。